アイシャドウで目元の化粧を楽しんでます

シーズンに合わせてアイシャドウのカラーを変えて、色々とアレンジするようにしています。春はパステルカラーを選んだり、グリーン系にするなど、季節感を取り入れながら楽しむようにしています。夏はブルー系、冬はワインレッドやブラウン、オレンジ系などファッションに合わせて、目元の化粧はアイシャドウを変えて、幅広く楽しんでいるので新たな自分を発見することができます。目元の化粧は、少しラメが入ったものを使うと、キラキラとして雰囲気も変わりますし、アラフォー世代には、目元の印象はとても重要になるので、メイクの仕方もアレコレ研究するようにしています。アラフォーになってから、目元の印象が特に寂しく感じるようになったので、アイシャドウはラメが入っているものを使用するようにしています。目元の化粧は、マットタイプのクリームシャドウをベースに塗って、その上にラメが入ったアイシャドウを塗ると綺麗な目元になるので、快適に過ごせるようになります。

PR|http://www.medicallymph.com/|

お肌のための化粧水の超基本的な使い方とは?

化粧水をただ付けるのではなく、使い方の基本を守りながら使わないと、どんな良い化粧水でもお肌に効果が出ない場合があります。

化粧水には、保湿化粧水や美白化粧水、収れん化粧水、ふき取り化粧水などのさまざまな種類mのものがありますが、ここでは超基本的な化粧水の使い方をご紹介します。

まず、化粧水はお肌に一番化粧水は入りやすい状態になっているお風呂上りに付けるのが、一番のポイントです。

500円玉大の化粧水をコットンや手のひらに取り付ける訳ですが、手のひらに取ってそのまま適当につけていても効果は出ません。手のひらに乗せた化粧水をあたため、まずは顔全体に広げるように付けお肌に馴染ませた後、足りない部分や乾燥している部分に追加で付けていきます。最後に手のひらで顔を押さえてみて、吸い付くような感じだと合格です。

コットンの場合には、化粧水をコットンに付けた後、まずはほおやおでこなどの広い部分から先に付け、その後小鼻や目の周辺、あごへと丁寧に付けていきます。化粧水が足りないようなら、再度コットンに足してから付けていきます。

ニキビが多い方は、コットンの繊維は刺激になることがあるエステサロンで優しくフェイシャルをケアしてもらうのがいいでしょう。